【公開】ついに公開!笑顔美人になる方法

どうして笑顔写真が撮れないのか?

を前回のメルマガではお話しました。
まず自分の顔のことを知ることが、
大切です。
そして今日は笑顔に自信のない方が
自信が持てるようになる方法を
公開します。
毎日3つのことをするだけで
笑顔が素敵に変わる方法なんです。
  【1つ目は?】
とにかく・・・
口の力を抜く
バカみたいにポカンと
口を開くことです。
とにかく口に力が入っている人が多い‼
小さい頃から
口は閉じなさい!って
教えられているので
脳は自然に口を閉じようとします。
歯並びや咬合が悪い方は
それだけで不利なんです。
口は口輪筋という表情筋だけで
閉じれますが、
出っ歯の方や、反対咬合の方なと、
歯並びに少しでも問題があると、
表情筋だけでは閉じれないので
力が入ってしまうんです。
又加齢のせいで表情筋が衰えることでも
口周りの力みは始まります。
そうすると口の周りの筋肉
口輪筋が硬くなり、
笑顔にしたいのに頬が上がらず
微妙な笑顔になってしまいます。
自分では笑ってるつもりでも

口に力が入ると頬は上がらないです、

とにかくまずは口の力を抜くです。

意識しないとできません。
上唇と下唇の間をほんの1、2ミリ
空けておくだけで力が入りません,
力が入っていないように見えても
口を閉じてしまうと
どこかで無意識の時に
力を入れてしまいます。
そして口角を下げてしまいます。
口の力を抜く
バカみたいにポカンと
口を開くことです。

開きすぎはだめですよ。

次回は笑顔美人になる2つ目の方法を
お伝えしますね。
お楽しみに〜〜

毎朝1分! しわ・タルミなし! たった7日間の  『笑顔表情筋』   メールレッスン

★毎朝1分!しわ・タルミなし! たった7日間の 『笑顔表情筋』 メールレッスン

ストロー1本1分でしわ・タルミ改善、笑顔力を上げる!
笑顔表情筋プランナーの北野美穂子です。

ABOUTこの記事をかいた人

北野美穂子

20の頃歯科衛生士として活動した10年間を基盤に 口元の噛み合わせ、歯並びなどの視点から 顔のタルミ、表情シワ、クマ、歪みなどが改善する笑顔表情筋レッスン 笑顔表情筋レッスンにより笑顔力がますと、脳が活性化することを知り 脳科学の博士号から勉強を受け、最新の脳科学を取り入れながら、笑顔表情筋を教えています。