【40代50代】下あごの梅干しシワを取って5歳若返り!

【40代50代】下あごの梅干しシワを取って5歳若返り!

下あごの梅干ししわの原因

下あごのしわができるのには、
下唇のすぐ下から顎の先端の近くまで
垂直に伸びている「オトガイ筋」
と言う筋肉が関係しています。

 

オトガイ筋とは、下あごのあたりにある下唇を上に上げて、
口を閉じる時に使われる筋肉です。

食事など、口を動かすときによく使う表情筋です。

筋肉がずっと震えていることで、
梅干しのようなしわが出来るのです。

表情筋×梅ぼしシワ

梅干しジワの原因は
実はオトガイ筋の使いすぎなんです。

40代 50代 実は年を重ねていくと、
口輪筋という筋肉がだんだんと弱くなります。

そうすると口を閉じようと、どんどん力が入ってしまうんです。
下唇を持ち上げ続けるのがオトガイ筋です。

オトガイ筋が頑張ってずっと使われていると
つまり緊張状態。

 

顎に梅干しジワが現れてくるだけでなく、
その使いすぎて、そこの筋肉も硬くなってしまいます。

口輪筋/オトガイ筋

40代50代の方は要注意です。

■梅干しジワ対策

毎日の癖の見直し、そしてセルフエクササイズで改善します。
まずは頑張りすぎて、使いすぎているオトガイ筋を緩めてあげましょう。

使いすぎないようにするには、
オトガイ筋以外の筋肉で、
下唇を引き上げて口を閉じてあげること。

①それには口輪筋を鍛えることが大切です。

口輪筋が口を閉じてくれるとオトガイ筋が
頑張りすぎないようになります。

口輪筋の鍛える方法は、
笑顔表情筋協会の YouTube の方に11月までに
載せておきますね。

笑顔表情筋協会YouTube
こちらから

 

② あともう一つはセルフマッサージ
固くなったオトガイ筋をほぐしてあげてください。

親指を顎につけて人差し指を曲げた状態で、
オトガイ筋に当てます。
そしてクリームをつけて、そこをほぐしてあげてください。

梅干しジワもなくなります。

こちらもYouTubeに載せておきますね。

実際私は切端咬合、下顎が出ている歯並びなので
30代から梅干しじわがありました。
(すごい悩みでした)

まさか治るとは思ってなかった⁉️

もちろん今もゼロではありませんが、
歯並びが治ったわけではないに
ほとんど目立ちません。

口オトガイ筋を緩める

つまり口に力を入れない

②口輪筋をしっかり鍛える

指でオトガイ筋の凝りをほぐす,

是非行ってみてくださいね,

また口輪筋は全ての表情筋が口輪筋に向かっているので
とても大事な筋肉です。

日々鍛えておくことで、ほうれい線やたるみ予防
にも大きく役立ちます。

毎朝1分! しわ・タルミなし! たった7日間の  『笑顔表情筋』   メールレッスン

★毎朝1分!しわ・タルミなし! たった7日間の 『笑顔表情筋』 メールレッスン

ストロー1本1分でしわ・タルミ改善、笑顔力を上げる!
笑顔表情筋プランナーの北野美穂子です。

ABOUTこの記事をかいた人

北野美穂子

20の頃歯科衛生士として活動した10年間を基盤に 口元の噛み合わせ、歯並びなどの視点から 顔のタルミ、表情シワ、クマ、歪みなどが改善する笑顔表情筋レッスン 笑顔表情筋レッスンにより笑顔力がますと、脳が活性化することを知り 脳科学の博士号から勉強を受け、最新の脳科学を取り入れながら、笑顔表情筋を教えています。